自己破産後に気を付けること

借金返済相談をして自己破産が必要だと弁護士に判断された場合は自分でどうにかできる借金の状況では無くなっていることが考えられます。

速やかに自己破産をするための準備を進めていくことが大切ですが、自己破産をして借金がリセットされることで新たな生活を始めることができる一方で、生活にはさまざまな制限がかかることになります。

まず、自己破産をすることで金融機関の中で共有されているブラックリストに名前が入ることになるので新しくお金の借り入れがしたい場合やクレジットカードを作りたい場合にそれをすることができなくなります。

借金の抑止力という風に捉えることでメリットになる部分もあるかもしれませんが、住宅や車のように高額な買い物をする場合にローンを組むことができないのは致命的だと言えるでしょう。

また自己破産をすることによって仕事に就くことができなくなるという制限もかかることになるので、自己破産をする前に受けるペナルティを確認しておく必要もあるかと思います。

自己破産の手続きは非常に複雑であり、再び自己破産をする必要が出た場合にそれができないことも考えられます。自己破産をした後はきちんと資金管理をすることも必要になります。

自己破産or借金返済相談ランキング

自己破産ができない場合

借りているお金の返済が滞ってしまっている場合に金融機関に相談をすることで借金がどうにかなるレベルではないという場合は債務整理による借金整理になり、それでも返済の見込みがない場合は自己破産の検討になります。

自己破産をするかどうかについては自分で決めるのではなく借金返済相談を借金問題に強い弁護士や司法書士にしてから借金の状況に応じて対応してもらうようになるので、全体的な流れについての把握もあわせて必要になります。

借金返済相談をして自己破産の適用を判断された後は代理となる弁護士が手続きを進めてくれるので自分がこれをしないといけないということは特にないのですが、状況によっては自己破産ができないこともあるので注意しないといけません。

自己破産ができないことの理由として多いのは借金を作った理由で、ぜいたく品をたくさん買ってお金がなくなったという場合や犯罪をしてお金がなくなったような場合だと自己破産で借金を片付けることがむずかしくなります。

他にも財産の没収を免れるために財産隠しなどをすることも厳禁で、これをしていると自己破産が既に終わっている場合でも後から指摘されて取り消しになることがあるので注意しましょう。

相談をしてから自己破産の手続きをするまで

私が借金を抱えてから困ったことは返済が思うように進まないことで、借りているところが一カ所だった最初のうちは難なく返済ができていたのに借入先が増えてくると返済することができなくなってしまいました。

ついには借りている金融機関から勤務先に電話が来るようになったので法律事務所に借金返済の相談をすることになったのですが、早めに相談しておけば良かったと思うこともたくさんありました。

私の場合は勤務先に電話が行くようになり働くことがむずかしくなって離職することになったのですが、借金の金額も多いことから借金返済の相談をした法律事務所からは自己破産を勧められました。

それから自己破産の開始手続きを行っていったのですが、破産開始が始まった時点からこれまでしつこかった金融機関からまったく催促が無くなり、すぐに借金をする前の平穏な時間を取り戻すことができました。

自己破産をするまでには一年以上かかりましたが、その期間中も弁護士が対応してくれていたので私自身がとくにきつかったということはありませんでした。

自己破産をすると人生が終わってしまうと言う人もいますが、私の中では自己破産をして新しい生活の始まりだとポジティブに考えるようにしています。